WordPressブログサイト導入で目にする「ネームサーバー」て何?

どうも、アツヲです。

今回はWordPressブログ導入で目にする用語を簡単に分かりやすくまとめます。

WordPressブログ導入で目にする【用語解説】ということで、
ネームサーバ設定 の「ネームサーバ」について
をシンプル話します。

シンプルなので分かりやすい。
分かることで具体的にイメージ出来る。
イメージ出来ることで行動に移しやすくなります。

では見ていきましょう。

ネームサーバ

この用語の押さえるべきキーポイントは、
・サーバの一種
・IPアドレスとドメイン名の紐付けを管理する
・IPアドレスとドメイン名の変換をする

簡単に説明

ネームサーバとは、
「NDSサーバ」のこと。
つまり、
「IPアドレスとドメイン名の紐付けを管理やIPアドレスとドメイン名の変換をするコンピュータのこと」

もう少し説明

サーバの種類
1、「役割」としてのサーバ
→「サービスや機能を提供する側のコンピュータのこと」
2、「機器」としてのサーバ
→「サービスや機能を提供する側のコンピュータとして使う目で、
主に性能面で調整されたコンピュータのこと」

整理すると、サーバの「役割」「機器」の説明として
【自分のパソコン側】
私→検索する→コンピュタ(クライアント)がデータを探しに行く→データ元

【サービスや機能を提供する側のパソコン】(←「機器」としてのサーバ)
クライアントに求められたデータをチョイス→コンピュタ(クライアント)→検索データの表示→私が閲覧

まとめてみる

「サーバ」と言う言葉を見たら、
役割としてのサーバ

機能としてのサーバ

分けて考えること。

役割としてのサーバは、

「サービスや機能を提供する側のコンピュータのこと」
機能としてのサーバは、
サービスや機能を提供する側のコンピュータとして使う目的で、
主に性能面で調整されたコンピュータのこと」

投稿者プロフィール

河上 アツヲ
河上 アツヲ
ネットビジネス実践中の40歳既婚、一児の父親。
日々知性と感性を磨いて成長していく。
成長の過程を情報発信を通じて見て頂ければと思います。
自分の生き様が他人に影響力を与える結果になるよう日々精進。
まとめると、自分も他の人もハッピーになれたら良いな!と
思ってます!
宜しくお願いします。
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です