超速で分かる!ネットビジネスでアクセスを理解するおすすめのやり方

どうも、アツヲです。



今回の記事は、
ネットビジネスでのアクセスという用語の
理解を助ける内容の記事を書きました。



この記事を読むことで、
ネットビジネスで意味するアクセス
の本質を理解することができます。



では見ていきましょう。



アクセスとは?

ネットビジネスにおいてアクセスとは、
「自分の媒体に人を集めること」
です。


簡単にいうと
「集客」です。



もう少し詳しく話すと、


「好奇心、欲望、恐怖といった感情を抱いている人に、
疑問や悩みを解決する情報を、
インターネットの場を使って、自分の媒体に来てもらうこと」



好奇心、欲望、恐怖といった感情を抱いている人
を説明しますと、


・好奇心レベルの感情の人は、
「う〜ん、ちょっと興味あるんだよね〜。調べてみっか。」
というくらいの感情の人。


・欲望レベルの感情の人は、
「いや〜、めっちゃ興味ある。知りたい!」
と情報を欲している感情の人。


・恐怖レベルの感情の人は、
「うわぁー、どうにかしなくては。。。分からないとマジやべえよ。。。」
と情報が得られない場合、恐怖を感じるレベルの感情の人。



疑問や悩みを解決する情報というのは、
言い換えると、
「質問に対する適切な答え」
と変換できます。



インターネットの場を使って とは、
いくつかの「場」の種類があります。


具体的には、
・「検索エンジン」
・「Twitter」
・「YouTube」
・「Facebook] ・「インスタグラム」
など。


自分の媒体に来てもらうこと とは、

・「ブログ」
・「メルマガ」

と考えてください。



アクセスの必要性

ではアクセスって何で必要なのか?


必要性について話をする前に、
大前提としてのビジネスの目的を
確認しておきます。



ビジネスの目的は、
「お客さんにモノやサービスを提供して利益を得ること」。


これが大前提です。



それでは、
利益を得るためには、
多くの人に自分の商品(モノやサービス)を
見てもらう必要がありますよね。


また、多くの人に見てもらえることができれば
商品が売れる確率が上がります。


利益を最大化する意味でも
人を集める必要があります。



ビジネスの目的を達成するには
人を集める必要がある。


人が多く集まる場所に自分から近づいて
価値の提供をする必要があるんです。



インターネットの場合は

・「検索エンジン」
・「Twitter」
・「YouTube」
・「Facebook] ・「インスタグラム」

だったりするんですね。



まとめ

ネットビジネスにおいてアクセスとは、

「自分の媒体に人を集めること」

つまり
「好奇心、欲望、恐怖といった感情を抱いている人に、
疑問や悩みを解決する情報を、
インターネットの場を使って、
自分の媒体に来てもらうこと」

です。


では今回はこの辺で!



投稿者プロフィール

河上 アツヲ
河上 アツヲ
ネットビジネス実践中の40歳既婚、一児の父親。
日々知性と感性を磨いて成長していく。
成長の過程を情報発信を通じて見て頂ければと思います。
自分の生き様が他人に影響力を与える結果になるよう日々精進。
まとめると、自分も他の人もハッピーになれたら良いな!と
思ってます!
宜しくお願いします。
Pocket
LINEで送る

7日間のメールレッスン 「エネルギーとお金のオンライン無料相談会(30分付き)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です