ネットビジネスが最新の未来の教育ビジネスと言われる理由とは?

どうも、アツヲです。



今回はネットビジネスの未来について僕なりの見解や意見を
話していきたいと思います。
ネットビジネスが最新の未来の教育ビジネスになる
という点についてです。



題名でもあるように教育という要素がビジネスではあります。
いきなりなんのこっちゃって思った人も多いかと思いますので、
教育について少しだけ話しときますね。



教育って「教え育てる」って意味ですね。
何かを伝えることで人間的に成長していくことでもあります。



これはビジネスでも言えることです。もう既にその商品やサービスを
欲しくて欲しくて堪らない状態の人は価値を自分の中で見出している
のでその限りではありません。



そうではなくてまだ情報が頭の中にまっさらの状態の人を対象とします。
情報が全くない状態では人って想像することが出来ません。
知らないことは分からないですよね。イメージ出来ないから恐怖を覚えて
行動することが出来ない。



例えば暗闇の中何も光がない状態でそこを歩けと言われたら、
例え自分の部屋の中でも怖いですよね。
目から入る情報が光が当たる環境に無いので情報不足の状態。
イメージ・予想出来ない。未来が不確定だから行動出来ない。



これをビジネスで考えてみるとお客さんは商品やサービスに対して
情報を持っていないので、その商品やサービスを手に入れた後の
未来の自分の姿や状態をイメージ・予想出来ないから購入という
行動に移れないわけです。



だからものやサービスを売りたい人はお客さんの頭の中にイメージ出来る
情報を伝えていかなくては思うようにビジネスが進んで行かないってわけ
ですね。なんだか難しい話になってきましたが、、、



ちょっとややこしい話になってきたのでシンプルに話していくと、
要はお客さんに適切に情報を伝えていくことが必要になるってこと。



まずお客さんにとってのメリットを知らせてあげる。
理想的な未来像を描けるということ。
そのためにはアイテムが必要。つまり商品やサービスのことです。
そこに対して適切に伝えていくこと。



そのことが教育ですね。
相手に良い未来へと導いてあげること。



学校教育も教師が生徒に良い未来へと導いてあげることが
教育の本質。良い未来の定義はいろいろあると思いますが。。。



ただ言えることは教養を身に付けるとことでより良い未来を描けることは
間違いないこと。ものを考える視点が増えるので。



前置きが長くなりましたが、教育の意味を説明してきました。



で、今回のテーマである最新の未来の教育ビジネスってことについて
これから話していきますね!



ネットビジネスの前提知識の共有

ネットビジネスはインターネットを使って、人を集めて
集めた人に対して適切な価値の提供をして、その価値の
対価に対してお金をいただくビジネスです。



ビジネスは価値提供と言われるけど、ネットビジネスはインターネットを
使って価値を提供している点だけ違うだけで、一般的に言われる
会社組織(メーカー、商社、小売業など)と何ら変わりないです。



物(有形のモノ)を扱うかモノ・サービス(無形のもの・情報など)を扱うかの
違いはあるけど、ほとんど変わらない。
インターネットを使うといろいろ便利な点が多いんで活用しまくってる
って話です。レバレッジが効くので。



あ、レバレッジというのはてこの原理のことです。
小さい力で大きな力を生み出し動かしていくこと。
ネットビジネスで言うとメールの送信ボタンワンクリックで
世界中の人たちに一瞬で情報を伝えることが出来ることとかです。



借金とかもレバレッジ効いてる例です。住宅ローンとかも。
頭金200万で4000万円銀行から借りれるとか。
まぁサラリーマンとか所帯持ちとかの肩書きに信用という
無形の価値を貸す側は感じているから貸しているんですけど。



借りる側は自分の力(資金力)以上の力(資金)を得ることが出来て
住宅という資産(厳密に言うと自分の持ち物ではないけど)を手に
入れることが可能となるってわけですね。



またまた話逸れ逸れなので元に戻すと、、、
ネットビジネスは個人でもインターネットの力を借りる
ことで大きな力を得ることが出来て大きな効果を
もたらすことが出来る。



で、今回のテーマの本丸に移りますが、僕らは情報発信を
していくことで多くの人に影響力を及ぼすことが出来るんですね。
何を情報発信していくかによって違ってきますが、やっていくこととしては
自分の好きなこと・興味のあることを発信していくこと。



もっと広く情報発信を捉えれば自分自身の生き様をそのまま発信して
いくことだったりします。

前提としては自分自身が成長していること、人生を楽しんでいることなどがあります。
要は魅力的に生きていくことですね。



僕だったらビジネスで学んだことをアウトプットしたり、旅行で周った神社・仏閣
で思ったこと感じたことをそのまま発信したり、美味しいものを食べに行った
時に感じたこと考えたことを伝えたり。
日々の日常をアウトプットすることで誰かの役に立つことに繋がる。



また自分が学んだことをアウトプットとして外に表現することで、
その学びがより強固になって定着することに繋がる。
自分も学びになり成長する。成長過程を情報発信していくことで
情報の受け手も新たな気付きになる。両者Win-Winの関係。



そんな感じで情報発信者側も情報の受信者側も学びになる。
そこに価値が生じてもっとこの人から学びたい!一緒に成長していきたい!
と思えばビジネスとして成り立つし、ちょっと違うかなぁ〜
と思えば情報を捨てていけばいいだけ。



受け手側も無料で情報発信者を取捨選択出来るし、インターネットは
気軽に情報を取れるのできっかけが多い点は良いですよね。



前提としてはこんな点が挙げられます。



では情報発信者側の視点と情報受信者側の視点
の2つの視点で次のパートからは見ていきます。



ネットビジネスで情報発信者側の視点

知識の定着に役立つ

情報発信者側から見てみると前のパートで話したように
自分が好きなことや興味のあることに関して発信して
アウトプットすることで知識が整理される点が挙げられます。



あとは自分の好きなこと興味があることなので苦にならないって点が
ありますね。苦にならないので行動することに対してハードルが元々
下がっているし行動する回数が多くなるのでその分学びも多い。
学びが多いということは成長していくことでもある。



過去や今現在の自分と比べて何かしらの変化があってそこに学びに繋がるものが
あれば自分の成長に繋がる。そのきっかけと成長の過程と変化したことや得たことを
情報発信することで記憶に定着する。



資産になる

またネットビジネスはブログやSNS,YouTubeなど媒体を通して情報発信していくので
発信したことがデータとして残ります。資産として残る。
これデカイです。自分の頭の中にある知識や経験や考えなどを外部に保存しておく
イメージ。なんだろう、PCで言うと外付けHDDにデータを保存しておくイメージ。



人間忘れちゃいますもんね。僕もめちゃくちゃ忘れます。
一昨日の昼飯何食べたか思い出せないですもん。。。。。笑



なので、
記憶媒体としても情報発信して資産として残しておくことは大事ですね。



自分を解放する空間

あとは自分の世界観を自由に表現できる場を確保することができるということが
挙げられますね。




今の時代の日本という社会で自由に意見を言ったりして
生きていくことは結構難しかったりしますよね?



僕はサラリーマンを約10年続けてきて無茶苦茶我慢して生きてきましたので。
自分の意見や主張は心の奥の奥の奥に閉じ込めて封印して生きてきた人種。
大なり小なり社会で生きていると周りの人に対して気を遣って空気読んで生きて行く
必要が出てきますよね。



僕はそのあたりの感覚は鋭敏でびんびんアンテナ張ってました。w
でも自己主張はしたい気持ちもあったりで。人と意見違うから敢えて
言いたい!みたいな。笑。だけど空気を読んで意見を押し殺す。。。
精神を解放できない状態が続いたわけです。



しかしブログなどの媒体であれば自分の意見や主張や感じたこと
学んだこと、伝えたいことなどを自由に表現できるんですね。
自分の世界を形作ることが出来て誰にも邪魔をされない、
そんな空間を作ることが出来ます。



世界観っていうのは感覚ベースですが雰囲気とか〜っぽいとか
なんとなく感じる感覚ですね。



例えばディズニーリゾートだったらディズニーの世界観があらゆるところに
感じられるし、スタバだったらスタバの世界観がそこにはある。
おしゃれで居心地の良い空間だったり。
感じ方は人それぞれだけど大方の感覚は当てはまると思います。



個人でも大手がやっているブランディングや世界観を作っていくことが
可能なんですね。て言うかありのままの自分を素直に表現していけば
勝手に「〜っぽい」て感じ取れる何か、つまり世界観を作って行くことが出来る。



情報発信をして行くことで自分独自の世界観が出来て、その世界観に共感や
共鳴してくれる人がいればその人達に向けて情報発信をしていけばいいですし。
ファンが出来るってことです。この志を同じくするファンの人達に向けて自分もファンも
成長出来るようなコンテンツを作っていけばそれはビジネスになるってわけですね。



コンテンツを発信していくこと自体が教育。自分が伝えたい情報を適切に伝えていく
ことなので。



こんな視点を情報発信者側はもってネットビジネスをやっていくことが
未来の教育ビジネスとしての要因になると僕は思います。



ネットビジネスで情報受信者側の視点

これまで情報発信者側の視点でネットビジネスを見てきましたが、
ここのパートでは情報受信者側の視点で見てきたいと思います。


フィルターが増えるきっかけになる

まず受信者側の視点で言えることは自分とは違った視点のもの捉え方や
考え方を知ることが出来る点ですね。

人って自分が思っている以上に同じことを伝えても捉え方やイメージすることって
違いますよね。価値観とか考え方とか。



「え、どうしてそう考えるの??」とか
「何でそういう風に捉えるかなぁ。。。」



とか社会人の人とかはあるあるだと思うんですよ。
他の会社の人と初めて会ったケースなどではすごくよく感じることの
一つだと思います。言葉一つの言い回しで捉え方が間違って
伝わってしまったり。



感覚とかって言うんですかね。気が合うとか居心地が良いとか。



体壁の話

ちょっと話逸れますが人間のタイプって10種類に分類されるって
知ってますかね?一つの見方として捉えて欲しいんですけど、
大きく分けて10に分類出来るってことです。



・論理的に考える学者タイプ ・・・・・ 1種
・シミュレーションする妄想、オタクタイプ ・・・・・ 2種
・華やかな雰囲気や感情を発散するアイドルタイプ ・・・・・ 3種
・おもてなしや気が回る、尽くす良妻賢母タイプ ・・・・・ 4種
・合理的に物事を考える、損得で考えるタイプ ・・・・・ 5種
・楽観的に考える、非日常を思考するタイプ ・・・・・ 6種
・勝ち負けで考える、勝負師タイプ ・・・・・ 7種
・オンリーワンで人と違うことが正義タイプ ・・・・・ 8種
・自分の世界観をとことん突き詰める職人タイプ ・・・・・ 9種
・家族的な優しさをもった博愛・親分タイプ ・・・・・ 10種



このように分類されます。
体壁(タイヘキ)と言われて、人間の骨格別にタイプを分けて
その特徴を分類したものです。
興味がある人はググってみて下さい。



具体的な説明は省きますが、体の特徴から人の特徴を示していて
人の考え方や価値観が結構違うってことが分かります。



例えば3種4種の人は主に女の人が多いんですが、3種の人は
明るい色やきらびやかなアクセサリーなどを好むと言われています。
また食べることが好きなので色々と多くの物が少しずつ出てくるような
美味しいレストランに連れていくと機嫌が治るとか仲良くなれるとか言われます。



周りよりも自分の感情を優先すると言われてますね。天真爛漫とかのイメージ。
アイドルとか当てはまります。みんなのアイドル。注目を自分に注いでもらいたい。
悪い意味ではなくてそういう傾向があるってことです。



4種の女の人は場の空気を読んでみんなが居心地のう良い空間に
なれるように配慮したりする。自己犠牲とかもそうですね。
おもてなしです。滝川クリステルとか。
自分だけ良ければいいのではなくてみんなが良くなくてはなんか気になってしまうとか。



このように3種・4種は対の体壁で、逆の体壁がその人にとって学びとなる対象という
側面もあったりするので、人間関係を考えると奥が深い。
そう思います。そこに学びがあったりするので。



で、言いたいこととしては人は価値観や考え方が自分が思っている以上に違うってこと。
前提がそもそも違ってたりするんで。
なので情報発信を受け取ることで自分とは違った価値観や考え方・捉え方に触れる機会を
得ることが出来るってことですね。



新たな視点、違った視点で物事を考えられるフィルターが手に入るというわけです。
この視点・フィルターを多く持てれば今後生きていく上でアドバンテージを得ることに
繋がります。それはなぜか。理由は人は違った視点で物事を見ているし価値観が前提として
違うからです。体壁の例で挙げましたが人は違うからです。



変化のきっかけは選択可能

それとこれも情報発信者側の視点で話した内容とダブりますが、情報の受け手は情報を
取捨選択出来るので自分が学びとなったり刺激を受ける情報発信者の情報だけを
選べば良いという点も挙げられます。
自分が感じたい、触れていたい世界観を選べるってことです。



これってブランド品を選ぶ感覚と似ていると思うんですよ。
人それぞれ好みのブランドって違いますよね。
ちなみに僕は車だったらトヨタよりホンダが好き。
MicrosoftよりAppleが好きとか。



個人の感覚でこれからの時代は学ぶべききっかけを掴むチャンスが多い
ということ。またインターネットを活用しているので取捨選択がしやすいし、
情報発信者とダイレクトにコミュニケーションを取ることも可能。
学ぶ対象を自分で選んでいける機会が増えたということ。



読者がその情報を受け取って感じたこと考えたこと変化したことを発信者に
対してコメントを返せば、発信者も「そういう考え方があったか〜」て新たな
視点を知るきっかけにもなりますしね。
ここでもお互いが成長できるきっかけになります。



まとめ

今回は「ネットビジネスが最新の未来の教育ビジネスと言われる理由とは?」
というテーマで話を進めてきました。



結論としては、インターネットを活用する便利な世の中なので、成長する機会が
増えたからです。それは情報を発信していく側も受信する側も学びになるからでした。



またネットビジネスは自分の世界観を自由に表現することができる場でもあるし、
その世界観を触れていたい人達とビジネスする関係を築けることでもありました。
自分の生き方がそのままコンテンツになってその世界観を共有できるファンと
共に学んでいける高め合っていけるビジネスがネットビジネスにはあります。



こういったプラスのエネルギーを循環できる環境でビジネスしていきたいとな!
と僕は思ってます。



では今回はこの辺で!




投稿者プロフィール

河上 アツヲ
河上 アツヲ
ネットビジネス実践中の40歳既婚、一児の父親。
日々知性と感性を磨いて成長していく。
成長の過程を情報発信を通じて見て頂ければと思います。
自分の生き様が他人に影響力を与える結果になるよう日々精進。
まとめると、自分も他の人もハッピーになれたら良いな!と
思ってます!
宜しくお願いします。
Pocket
LINEで送る

7日間のメールレッスン 「エネルギーとお金のオンライン無料相談会(30分付き)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です