ネットビジネスで起業・副業する際のおすすめ戦略的思考法とは?

どうも、アツヲです。



今回はネットビジネスにおける戦略的思考について話をして
いこうと思います。



起業・副業問わず有効な物事の考え方について。



戦略的思考て言われてもピンっと来ないですよね。
大体言葉が難しい。。。



僕は難しい言葉が苦手なので、
もっとカンカンな言葉に置き換えて
話していきますね。


戦略的思考とは、


・全体像を把握して考える
・抽象的に理解する
・マクロで考える

とか。。。


「分からんよ!」
て声が聞こえてきます。笑



そうです。分からない。分かりずらい。
この分かりづらいことが抽象的なことです。



まず抽象的な概念を説明しますね。



抽象的概念とは


抽象的概念とは
抽象的なことって余計な情報が削ぎ落とされている
情報がめちゃくちゃ詰まっているイメージ



人間の体で言うと余計な脂肪が落とされて、
シェイプアップされた状態ですね。



エグザイルみたいな状態です。笑



無駄が削ぎ落とされて良質な筋肉が詰まっている。
そんなイメージです。



言葉の場合は情報量が多いし、濃いんですね。
その言葉を言うことで他の説明を省くことができる言葉。



なんだろ。例えるなら
「人間」という言葉を例にして、
その「人間」という言葉に含まれている
情報を挙げてみると、


・男性
・女性
・若者
・子供
・大人
・老人
・人種

など


人間という言葉だけでちょっと考えただけでも色々単語ができてきますよね。
言い換えるとパソコンで使うフォルダのようなイメージです。


人間>性別>男性・女性>男性>肉食系・草食系>。。。


まとめると、
抽象的な言葉は情報が詰まっていて、
何かを伝える場合にとても便利な言葉
ってことですね。
楽ってこと。
説明を省くことができるから。



で、話がだいぶそれてきたので元に戻すと、
戦略的思考を理解するのには、
抽象的なことを理解する必要がある。



それがマクロ的思考、全体像を理解することに繋がります。
全部が繋がってきます。



ネットビジネスの全体像については、
ネットビジネスの仕組みについて全体像を把握
をご覧ください。



マクロ的思考とは


マクロ的思考というのは、


・鳥になって空から見る視点
・地図
・グーグルマップ
・山から市街を見下ろす景色

など。


上から全体を見るイメージ



言い換えるとゴールが見えている感じです。
成功者に教えてもらった方が成功に近くとか言われるのも、
このマクロ的視点が成功者は見えてるからですね。


視座が高いとか。
コンサルを受ける意味とかもこれです。


巨大迷路に迷っている状況の人
がネットビジネス初心者。



上からゴールまでの道筋が見えてるのが
マクロ的視点を持った成功者。



そりゃあ成功者の視点から見る景色は、
自分が過去に経験していてこれからどやってったら
成功するかが見えてるので的確なアドバイスが出来る。



こんなところがマクロ的視点です。



でもネットビジネス初心者や初級くらいの段階の人は
自分の見てる景色が巨大迷路の真っ只中で、
通路とか壁しか見えてないので成功者からアドバイスされても
このマクロ的視点がないとなかなか理解出来ない。



自分の価値観とか今までの考え方・思考、知識、経験とかが
邪魔してアドバイスが素直に受け入れられない。。。



これが俗にいうマインドセットの重要性ってやつです。
素直さが大事とか。行動力の重要性とか。
考えるな行動しろとか。
成功者のマインド(考え方、価値観、判断基準)をセットする。



なんか今文章書いてて自分自身にも言い聞かせてる部分も結構ありますね。これ。



僕も頑張ります。はい。



元に戻すとマクロ的思考とは、マクロ的視点を手に入れて
戦略的にネットビジネスを進めていきましょうということです。



全体像を把握して考える


全体像を把握して考えるというのは、
これまで話を進めてきた


抽象的に理解する
・マクロ的視点で考える



この2点をつなぎ合わせて考えること。
と捉えてもらったら理解しやすいと思います。



マクロ的視点で抽象情報をつなぎ合わせると
全体像に繋がる。



ネットビジネスの全体像を例に出すと、


抽象情報は以下の点です。
・アクセス(集客)
・リスト化
・教育
・販売
・決済
・アフターフォロー




マクロ的視点は、
アクセス→リスト化→教育→販売→決済→アフターフォロー
です。



抽象情報は展開していくと、もっと具体的な情報になって理解しやすくなります。
アクセス(集客)の抽象度を下げる(具体度を上げる)と、
・YouTube
・Twitter
・インスタグラム
・広告
・SEO

などが挙げられます。



このように具体例を含んだ言葉がアクセス(集客)であって、
ネットビジネスの全体像に当てはめると、
一番最初のステップにすべきことというのが理解できます。



全体像を把握して考えるというのはこういう考え方です。



言い換えると、
「ある一定の型に具体例を当てはめて考えること」
と言えますね。



この全体像(型)に当てはめて、具体例を考えることが、
思考であり、抽象と具体を行き来すること。




この思考法を幼い頃から繰り返した人や
大人になってから日常的に繰り返している人が
いわゆる
「地頭が良い人」とか言われれます。



また思考のスピードが早い人が
「頭の回転が早い人」
と言われたりします。



まとめ


今回はネットビジネスにおける戦略的思考法ついて
話をしてきました。


物事の理解には
・理解
・分解
・再結合

と、3つのステップがあります。



当てはめて考えてみると、
まず全体像を理解する。
次に全体像を構成している要素に分解してみる。
最後に構成している要素を全体像に当てはめてつなぎ合わせる



抽象情報をまず理解する。
抽象情報を具体的に考えてみる。
そして具体例をまた抽象情報にまとめて
全体像に当てはめて考える



このように物事を大まかに把握したり、
分解して、また分解したものをまとめて
圧縮して全体として持っておく。



圧縮して持っておくと容量が少なくて済むので
覚えやすいし理解がしやすい。
取り出すのもやりやすい。
扱いやすい。


このような考え方が戦略的思考と言えると思います。


日常生活で出会う出来事を今回話した戦略的思考に
当てはめて思考してみると、
新たな視点や気付きがあるかもしれないですね。



では今回はこの辺で!




投稿者プロフィール

河上 アツヲ
河上 アツヲ
ネットビジネス実践中の40歳既婚、一児の父親。
日々知性と感性を磨いて成長していく。
成長の過程を情報発信を通じて見て頂ければと思います。
自分の生き様が他人に影響力を与える結果になるよう日々精進。
まとめると、自分も他の人もハッピーになれたら良いな!と
思ってます!
宜しくお願いします。
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です