ネットビジネスのおすすめ勉強法・やり方とは?基本を戦略的に学ぶ!

どうも、アツヲです。



人は体を動かしている時は何か目的があって行動すると思うんですけど、
目的や目標をあまり意識しなくなったり、
自分が今やっていることが何のためにやっているかが
分からなくなる時ってありませんか?



何て言うんだろ。練習のための練習とか。
ブログを書いてるけど、何のために書いてるんだろとか。


こんなことって良くあると思うんですよね。



ネットビジネスで話をすると、
ネットで情報収集しててWordPressブログを作って
ブログ記事を書いていけばいいことは分かった。
ブログの開設方法も分かった。



でも、
何書いていいか分からない。


そもそも何のため記事を書いているのか?


書いた記事が目的・目標にどう関わっているのか?
などなど。



そんなモヤモヤを抱えている人、今これを読んでいて
「俺当てはまるわぁー」と思った人、
いろいろいると思います。



そんなモヤモヤを今回解消していきたいと思います。



モヤモヤの解消のためには
本質的なことを学ばないといけない。
基本の知識の習得ですね。



まずネットビジネスの基本的な知識の話をします。
何を学べば良いのか?」とかです。



それと学び方についても話していきます。
物事の理解の仕方についてです。



そして最後に戦略的に学んでいく
方法についても話をします。



3部構成です。



この記事を読むことで、ネットビジネスで今やるべきことが明確になって
自分のエネルギーをやるべきことに注ぐ状態を作れるようになります。



やる気・モチベーションを維持して
進むべき方向に進んでいきましょう。



では、
「ネットビジネスのおすすめ勉強法・やり方とは?基本を戦略的に学ぶ!」
について見ていきますね。



ネットビジネスの基本とは?


ビジネスとは?


まずネットビジネスの基本的な知識を知る前に、
そもそもビジネスって何なのかを
確認しておきたいと思います。
前提知識ですね。



ビジネスとは、
人を集めてその集まった人に何らかの価値を提供して
その価値の対価としてお金をいただくこと

です。



ネットビジネスの定義


では、
ネットビジネスって何なのかについても確認しておきますね。


ネットビジネスとは、

インターネットを使って人を集めて
その集まった人に何らかの価値を提供して
その価値の対価としてお金をいただくこと


です。


インターネットを使って」という言葉がビジネスの定義に
加わっただけですね。



そうです。ネットビジネスは
インターネットを使ってビジネスをしているに過ぎない。
ということです。



ネットビジネスでやるべきこととは?


ビジネスとネットビジネスの定義を確認したところで、
次はネットビジネスで実際にやるべきことについて
話をしたいと思います。



ビジネスの本質は、
人を集めて、モノを売ること」です。



それをより詳しく説明すると
ビジネスの定義とかネットビジネスの定義とか
の説明になるんですね。



マーケティング用語でDRMという言葉がありますが、
大事なことは


集客教育販売


にネットビジネスでやるべきことは
まとめられます。



ネットビジネスの定義に当てはめて考えてみると、


インターネットを使って 
人を集めて、 【集客】
その集まった人に何らかの価値を提供して【教育】【販売】
その価値の対価としてお金をいただくこと


とまとめられます。



ネットビジネスの仕組みや自動化の話を
詳しく知りたい方は
ネットビジネスで自動化して稼ぐ仕組みの作り方を公開!を参照ください。



ネットビジネスでやるべきこととして、
DRMに当てはめると3点
集客・教育・販売)、


ネットビジネスの定義に当てはめると4点

・インターネットを使って
・人を集めて、
・その集まった人に何らかの価値を提供して、
・その価値の対価としてお金をいただくこと


を意識して行動することが求められます。



この流れに沿って行動していけば
ビジネスのゴールであるお金を稼ぐ
ということに繋がります。



あくまでお金を稼ぐことを目標
とした場合のゴールですが。



ちょっと余談になりますが、
「あくまで」と言ったのは、
ネットビジネスでもどうビジネスを捉え方で


マクロ的にビジネスを捉えるか
ミクロ的にビジネスを捉えるか


の2つの視点があるからです。
今回趣旨と違ってくるんで軽く話をしますね。



マクロ的にネットビジネスを捉えると言うのは、
自分の生き方を通じて誰かにも貢献するということ」です。


自分の生き方(価値観・考え・経験など)を伝えることで
世の中が良くなることをビジネスの目的に据える
と言うことですね。



ミクロ的にネットビジネスを捉えると言うのは、
インターネットを使ってお金を効率的に稼ぐ仕組み作りをすること


このどちらの視点も併せ持ってネットビジネスに取り組むことが重要です。



それはなぜかと言うと、
マクロ的な視点だけだと 社会貢献はしているけど、
社会貢献する元になるお金というエネルギーを得ていない状態になってしまう。




ミクロ的な視点だけだと お金だけに目が奪われて、
お客さん無視でお金を稼ぐ方法論だけ追い求めてしまい
精神的な幸せを得られない。




なので、
両方の目的を併せ持ってミクロ的視点でまず仕組み作りをしつつ、
マクロ的視点の他者貢献にも目を向ける。



そうしてトライ&エラーを繰り返して
自分の理想とする世界を作るための努力を
進めていく。



こんな姿勢が僕は理想的なネットビジネスの
やるべき心構えだと思っています。



インターネットのメリットでもある、
多くの人に影響力を及ぼすことのできる点が
マクロ的にもミクロ的にも活かせるので。



物事の理解の方法


ここまではネットビジネスのやるべきことについて
話をしてきました。


こちらではネットビジネスでやるべきことの学び方について
見ていきたいと思います。
効率的なインプットのやり方についてです。



物事を理解するには
3つのステップがあります。


・全体像の理解
・構成要素に分解
・構成要素を再構築



この3ステップで物事を理解していくと
効率的に学ぶことができるようになります。



全体像の理解


まず全体を把握しましょうということです。
グーグルマップでおもいっきり引いた画面を
想像してください。
日本地図だと日本列島ですね。



日本列島を見てタツノオトシゴのような
形をまずはイメージすること。
そんなイメージです。



構成要素に分解


全体像を理解したら次にするのは
構成要素に分解することです。
パーツ毎に分解するイメージですね。



これもグーグルマップに例えて話をすると、
日本列島の形はイメージできた。
次は日本列島を構成している都道府県に分ける
と言うことですね。



東京都、北海道、大阪府・京都府、埼玉県、熊本県、、、、、
と、このように各都道府県の名称、形、人口、県庁所在地など。。。
分解した構成要素を各要素毎に掘り下げていくことです。



抽象が全体像・日本(列島)だったら、
具体は都道府県ですね。


もっと具体的に掘り下げると(抽象度を下げると)
〇〇市、△△町、××番地など。

よりピンポイントで分かりやすくなります。



構成要素に分解するとは、
このように個別的に具体的に理解することですね。



構成要素を再構築


構成要素に分解して理解を深めたら、
最後にこの構成要素を
また全体像に当てはめて繋げていきます。



こうすることで個々に学んだ知識が
全体でどういう風に繋がっている
かが理解することができます。


「繋がった!」
とか
「分かった!」


という、
勉強してて気持ち良い瞬間ですね。



主観入りますけど、
あの瞬間ってほんと気持ち良いですよね!
知的好奇心が満たされた瞬間って言うか。



これもグーグルマップで置き換えて考えてみると、
クリック、クリック、としていって都道府県の知識を深く理解した後に
画面を引いて(マイナスボタンを押す、macだと親指と人差し指を閉じる?)
日本列島に戻して見て、各都道府県の位置関係をつなぎ合わせて
考えることですね。



こうすることで全体像的にも理解できて
個別具体的にも理解できる状態を
作ることが出来ます。



戦略的に学ぶ方法とは


戦略的に学ぶと言うのは、簡単に言うと
自分のやるべきことをやりながらその都度分からないことを学びつつ前へと進んでいく
と言うことです。



この「自分のやるべきことを」
を知るために今まで


・ネットビジネスでやるべきこと
・物事の理解の仕方

の話をしてきました。


なぜなら、
全体像を把握しないと自分の現在地が分からないからです。


自分の現在地と言うのは、


・レベル
・段階

など、全体像の中で自分がどこに今位置しているかが分からないと言うことですね。


物事の理解の話で、
・全体像を把握して、
      ↓
構成要素に分解し、
      ↓
その構成要素を全体像に再構築する



この流れでインプットをしていくと
理解が深まると言う話でした。



そして今自分がこのネットビジネスと言う全体像の中で、
構成要素のどの部分に位置しているかを把握する必要が
あるということです。



自分の現在地が分かったら
目標地点(ゴール)から現時点の距離を把握します。
道筋ですね。ゴールを達成するためにやるべきこと。



ネットビジネスに置き換えてざっくり説明すると、
・ブログを開設して情報発信して人を集める【集客】
          ↓
・人を集めて価値を提供していく【教育】・【販売】



これが全体像でこの全体像を構成要素に分解していくと、
WordPressブログの開設方法だったり、集客ノウハウだったり、
心理学だったり、コピーライティングだったり。


物語のノウハウだったり、ブランディングだったり、マーケティングだったり。。。
やるべきこと、勉強して学んでいくことが見えてきます。



自分の現在地が分かって目標地点(ゴール)から現時点の距離を把握出来て、
その進むべき道筋を進みながら分からないことが出てきたら
その都度学んでいく。



ゴールに向かって進んでいく過程でぶつかる壁が、
今の時点で自分に足りないことや
学ぶべきことです。



ネットビジネスの全体像である、「人を集めてモノを売る」「集客→教育→販売」
どの部分を今の自分がやるべきことなのかが理解出来ている状態であれば、
自分の現在地点と目標地点(ゴール)との距離が分かっている状態です。


ゴールまでやるべきことが見えているのでやるべきことを淡々とやっていくだけの
状態になれます。




精神的に楽な状態で作業にエネルギーを注ぎ込むことができる
ということですね。
モヤモヤがない状態ということです。



ちょっと余談ですが、

ゴールに向かって進んでいく方向性や
効率を求める情報やサービスが、
コンサルタントの存在だったり、
情報商材などの商品やツールだったりします。


このように全体像を把握した上でゴールに向かって行動し、
分からないことがあったらその都度学んで次に活かしていく。
このような方法が戦略的に学ぶ方法ということです。



まとめ


今回は「ネットビジネスのおすすめ勉強法・やり方とは?基本を戦略的に学ぶ!」
について話を進めてきました。


まずネットビジネスの基本について話をしました。
ネットビジネスでやるべきこととしては、
DRMに当てはめると


・集客
・教育
・販売

の3点まとめられ、


ネットビジネスの定義に当てはめると


・インターネットを使って
・人を集めて、
・その集まった人に何らかの価値を提供して、
・その価値の対価としてお金をいただくこと



の4点にまとめられました。
以上をネットビジネスの全体像と捉える。



ネットビジネスのインプットの話では、
全体像を踏まえた上で、全体像を構成する構成要素を分解して
再度分解した構成要素を全体像に当てはめて繋ぎ合わせをする
物事の理解が深まると言う話もしました。



戦略的に学ぶことのパートでは、
自分を全体像に落とし込んで現在地を把握し、ゴールまでの道筋を把握した上でやるべきことやっていく
やるべきことをやりつつ分からないことをその都度学んで次に活かしていく
この2点が大事なポイントでした。



ネットビジネスの全体像で今やるべきことを明確にする。
そして自分のエネルギーをやるべきことに注いで、
進むべき方向に進んでいって欲しいと思います。



では今回はこの辺で!





投稿者プロフィール

河上 アツヲ
河上 アツヲ
ネットビジネス実践中の40歳既婚、一児の父親。
日々知性と感性を磨いて成長していく。
成長の過程を情報発信を通じて見て頂ければと思います。
自分の生き様が他人に影響力を与える結果になるよう日々精進。
まとめると、自分も他の人もハッピーになれたら良いな!と
思ってます!
宜しくお願いします。
Pocket
LINEで送る

7日間のメールレッスン 「エネルギーとお金のオンライン無料相談会(30分付き)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です