ネットビジネス初心者が稼ぐには何から始めるのがベスト!?

どうも、アツヲです。



突然ですが ネットビジネスってどういう印象を持っていますか?
人によっていろいろ捉え方があると思います。


「よく分からない世界で怪しそう」
「IT系の知識が必要そうで難しいイメージ」
とか


「将来性があって今後有望なビジネス!」
「ブログ記事書いたりするから大変そう」

などなど。



プラスな印象、マイナス寄りの印象、
バランスとってどっち付かずの印象。笑
それぞれありますよね。



そんないろんな捉え方をネットビジネスに対して持っている方に、
「まずはこういうことをしていったら良いよ!」
という僕なりの意見・主張・方向性を話していきたいと思います。



今回の記事を読んだ後にはネットビジネスに対して
自分が何をやっていったらいいのか方向性が
分かるようになります。




そして最初に僕のネットビジネスに対しておすすめするやり方・見解を
話させてもらうと、情報発信をして価値提供をするビジネスをオススメします。
情報発信ビジネスですね。



なぜかと言うと、
ネットビジネスは自分らしい人生をデザイン出来て、
その人生そのものが他人の生き方に良い影響を与えることができる。

また互いに高め合いながら進んでいける世界を作ることができるからです。



ちょっと難しいこと話しましたが。。。
ホントに自分もお客さんもWin-Winで世の中に対しても価値を提供できる素晴らしい
ビジネスモデルなので、ぜひ今回の記事を読んで
ネットビジネスに対して自分なりの方向性を掴んでいってもらいたいなぁと思います。



では見ていきましょう!



ネットビジネス初心者が最初に始めるべきこととは?


ネットビジネスに興味がある初心者の人がまずすべきこととして
僕が提案したいことは、知ることです。


「当たり前やんけ〜。」
とお思いだと思います。


でも大事なことなので言わせてください。



知ることにも2種類あって、


1、相手を知ること
2、自分を知ること



この2つがあります。



まず 相手のことを知る。
相手のことを知るには調べたり人から聞いたりすると思います。
今回はネットビジネスについて僕が知ることのお手伝いをするということですね。



そして 自分自身についても知る。
自分のことを知るのは一番難しいですよね。



この自分のことを知ることについてはいろいろ方法論があったりします。
光の記憶、無意識、潜在意識、顕在意識、
リミッティングビリーフ、インナーチャイルド、
インナーペアレント、復讐心、劣等感、承認欲求、などなど。



このような無意識・潜在意識のエリアまで深く関わって
今までの人生の経験と重なり合い、今の自分があるんですが。。。



あ、この無意識、潜在意識、リミッティングビリーフなどは直接的に
ネットビジネスには関わらないことなので、
覚えなくて良いですよ。
一応こういう知識があると理解を助けるという補足情報です。はい。



話がそれてしまっているので元に戻します。
相手のことを知って、自分のことを知る。
そして、 相手と自分をすり合わせる作業が必要になります。



このことが初心者の段階でやるべき「知ること」についてです。
次からこの「知ること」についてそれぞれ話をしていきますね。



1、ネットビジネスとは何なのか?を知る


まず相手でもあるビジネスをしていく対象の
ネットビジネスとは何なのか?を説明します。



ネットビジネスの定義


ネットビジネスとは、
「インターネットを使って、人を集めてその集めた人に対して何らかの価値を提供し、
その価値の対価に対してお金をいただくこと

です。



簡単に言うと、 インターネットを使って人を集めてモノを売るビジネスです。
ビジネスは人に対して価値を提供することです。
インターネットを使うとより多くの人に影響力を及ぼすことができます。
人を集める時もそうですし、モノを売る時にも便利で効率的です。



ちなみに人に対してもビジネスをしていく上で知る対象、
勉強していかなくてはならない必須事項なのですが、
今回はネットビジネスを対象に絞って説明していきますね。



人を知ることは具体的には心理学とかコミュニケーション能力とか
一生かけて学んでいくべきこと何ですけど、
今回は説明の都合上省略します。



何を売るのか?


人に何を売るのか?
商品は大きく分けて2種類あります。


1、「物」を売る
2、「モノ」を売る



この2種類です。



1、「物」を売る


物とは、形ある物と捉えてください。
普通の形ある商品ですね。
実物が確認できる物です。



歯磨き粉とかコップとかおにぎりとか
ジュースとか鉛筆とか。。。



普通に身近にあるものです。



2、「モノ」を売る


モノは情報・サービスと捉えてください。
形が無いものですね。



情報やサービスは形が確認できない。
形が確認できそうで出来ないもの。



知ると言うことも情報ですよね。
文字や音声を使った情報。



本は文字を使って情報を伝える商品です。
本は目に見える形をしていますが、



本自体はただの紙ですね。
紙に書かれている文字、文章に
価値がある。


なので、
情報が商品になった具体例です。


美容院で髪を切ってもらうのは
サービスが商品になった具体例です。
髪を切ってもらう心地よい空間も
サービスの一つですね。



このように人に何を売るかで形ある「物」を売るのか、
形の確認しづらい「モノ」を売るのかで違いが出てきます。

まずこれを押さえます。



自分の商品を売るのか?他人の商品を売るのか?


商品にも有形の「物」を売るか、
無形の「モノ(情報・サービス)」を売るのかで
違いがありました。



ここでは 自分の商品を売るか、
他人の商品を売るのか

の2種類の方法について説明しますね。



インターネットを使って
どう売っていくかについての話です。



なお、ビジネスモデルの話もしていくので
詳しく知りたい人は
ネットビジネスを始める前に知っておくべきビジネスモデルの全体像をまとめてみた


を参照ください。



自分の商品を売る場合


<有形の商品(物)を売る場合のビジネスモデル>
 ・・・・・ヤフオクなどに出品して売る



自分が所有している商品をヤフオクなど多くの人に見てもらえる可能性が高い
場(プラットフォーム)に出品する場合です。



<無形の商品(情報・サービス)を売る場合のビジネスモデル>
 ・・・・・ 自作の情報販売をオウンドメディア(主にメルマガ)で売る



自分が学んだことや経験したことなど
他人に価値提供できる情報をわかりやすく
まとめた情報に加工して売るようなケース
です。



ネットビジネスの成功するためのノウハウなどが
これに当たります。



オウンドメディアというのは自分が所有しているメディア(媒体)のことです。


簡単に言うとブログやメルマガのことです。
メルマガで段階的に読者に情報を流していって
商品を販売していきます。



他人の商品を売る場合


<有形の商品(物)を売る場合のビジネスモデル>
 ・・・・・せどり、物販、アフィリエイト



他人の商品を安く仕入れて他の高く売れる場(プラットホーム)で売る
ケースです。(せどり、物販)



アフィリエイトの場合は他人の商品を売って売り上げに対して決まった
割合の報酬がもらえるビジネスモデルです。
価格のコントロールが自分では出来ない特徴があります。



ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)に登録して、
ブログやメルマガに商品広告を貼って
商品を紹介して売るカタチを取ります。
代理販売ですね。


<無形の商品(情報・サービス)を売る場合のビジネスモデル>
 ・・・・・ アフィリエイト



他人の作った情報商材を売って、
売り上げに対して決まった
割合の報酬がもらえるビジネスモデルです。


価格のコントロールが自分では出来ない特徴があります。



アフィリエイトは代理販売の一種です。
ASPに登録してブログやメルマガで
紹介して売っていくのは先程の説明と同じです。



このように大別されます。



2、自分自身について知る


相手のこと、
つまりネットビジネスについて
大まかではあるけど知ることが出来た。


次に 自分自身について知ることが大切です。



では何で自分自身のことを知る必要があるのかですが、
自分のことを知っておかないと
情報発信をしていくのが難しくなってくるから
です。



自分らしい情報発信をしていかないと
すぐにウソがバレると言うか。。。



見てもらったり聞いてもらうことは
興味を持ってもらうためのテクニックを
使えば可能ではあるんですけど。



でもやっぱり本心で思っていることじゃないと
人って伝わらないんですよね。

心に響いて行かないというか。。。



逆に本心で情報発信をしていると、
文字ベースの文章でも
想いは伝わります。
不思議なんですけど。



なので、
自分の本心を知るためにも
自分について掘り下げていく作業が
必要になってきます。




具体的な掘り下げ方は
この後話をしていきますね。



生きてきた経験・知識で活かせる事は何かを知る


ビジネスは人に対して何らかの価値を提供することでした。
価値を提供していかなくてはいけないわけなんですよね。


「では価値ってなあに?」


と言う話何ですが、



価値とは、

人に役立つこと

です。


で、「自分が他人に対して何が役に立つことなのかどうか?
を考えるんですね。



考え方の1つの方法を示します。
生きてきた経験・知識で活かせる事は何かを知る
と言うことです。


その具体例を見ていきます。



好きなこと・得意なこと


これは自分の知識や経験が、情報発信をしていくジャンルになり得る
と言うことですね。



好きなこと・得意なことであればどんどん知識が身に付きますし、
他の人に対して価値を提供することがしやすい
と思います。



自分の好きなこと・得意なことが何なのか
を知ることが大事になります。



価値観・考え方


自分の理念とか思考とか言っても良いですね。
理想とする未来を実現するための方法論とか
視点、物の見方・捉え方とか。



自分の頭の中の情報を分かり易く他人に伝えてあげることが
違った視点や思考法であったら価値のあるものとなります。



このように自分の頭の中にある思想・理念、
ものの考え方、発想、視点を確認、発見することも、
自分のオリジナリティーを知るための大事な要素になります。




この部分を深く知ることが他の人との情報発信に
差別化をはかれる部分になるんで、
掘り下げて考えてみてください。



相手の情報と自分のリソースの擦り合わせをする


相手の情報(ネットビジネスについての情報)と
自分自身についてのリソース(資源)について見てきました。
最後にこの両者の擦り合わせをしていきます。



具体的にはネットビジネスの特徴を理解した上で、
自分の特徴ややりたいことを照らし合わせて
ネットビジネスで実際に行動していく方向性を決めていくこと
です。



方向性は戦略とも言い換えられます。
「自分はこれからどのビジネスモデルを使って、
自分の理想とする世界に向かって行動していくか」



やることを決めて、
自分の理想の未来へ方向を定めて
向かっていくことですね。



そして向かうべき目的地までに進むのに足りないものがあったら
その都度学んでいく、勉強していくことが求められます。
価値提供が大元にあります。


お客さんに役立つことを学んでいくことと
同じ意味だったりもします。



このように進むべき方向性を決めていく作業が必要になります。



まとめ


今回はネットビジネスの初心者の段階の人がまず何から始めていけばいいのか
について、僕なりの見解を話させてもらいました。
おさらいすると、


1、ネットビジネスについて知ること
2、自分について知ること
3、ネットビジネスの種類や特徴などを知った上で、自分のリソースと照らし合わせて
 方向性を決める



この3点を確認して、
方向性を決めていくこと
が大事なことでした。



情報発信をしていくことは自分と向き合わざるを得ない部分が絶対出てきます。
なので、

始めの段階で自分について知ることをしてみてください。


そして本当の意味で自分らしい
素直な気持ちを確かめることが出来れば
その感情や想いをそのまま発信していけば、
価値のあるモノ(コンテンツ)になります。



自分の生き方が他人にも影響を与えて世の中が良くなる。
そんな自分の生き様がビジネスになるのがネットビジネスの
最大の良い点だと僕は思います。




また情報発信はアウトプットすることでもあるので
成長にも繋がります。
日々の日常が情報発信のネタにもなります。



学んだこと、経験したこと、大事にしていること、
考え方、捉え方、アイデア。。。
日々の日常のあらゆることがコンテンツになり、ビジネスに繋がる。



情報発信することで感性も豊かになり、
結果人生も豊かになる。
一挙両得どころの騒ぎじゃありません。笑



是非ネットビジネスに取り組んでみてください。



では今回はこの辺で!



情報発信ビジネスに関して知りたい人は
情報発信ビジネスとは?ネットビジネスでやり方を知って受け身の人生からの脱却を実現する!
を参照ください。



投稿者プロフィール

河上 アツヲ
河上 アツヲ
ネットビジネス実践中の40歳既婚、一児の父親。
日々知性と感性を磨いて成長していく。
成長の過程を情報発信を通じて見て頂ければと思います。
自分の生き様が他人に影響力を与える結果になるよう日々精進。
まとめると、自分も他の人もハッピーになれたら良いな!と
思ってます!
宜しくお願いします。
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です