ネットビジネスで不労所得自動化は可能!?おすすめのやり方とは?

どうも、アツヲです。

ネットビジネスで不労所得自動化は可能かどうか?
僕がおすすめするやり方について、
今回は話をしていきたいと思います。

不労所得ってどういうイメージを持ちますかね??

「働かないで楽して稼ぐイメージ?」
「家賃で生活している大家さん」

そんなイメージをしている方も多いと思います。
大家さんのイメージは不動産投資で得た
家賃収入の例ですね。

土地持ちの資産家が敷地にアパートやマンションを建てて
そこに入居者を募って毎月の賃料を得るのが
不動産投資であり家賃収入です。

まぁ管理会社に任せれば不労所得といえば不労所得です。
人に任せてその分の手数料を支払っています。
家賃の3%〜5%とかが多いんではないかと思います。

で、ネットビジネスで不動産投資の例のように不労所得を
得ることは可能かどうか?ということですよね。
結論から言うと「可能です。」

ではなぜネットビジネスで不労所得が可能なのか?
不労所得が可能になる理由とその方法・作り方についても
話をしていきたいと思います。

今回の記事を読むことでネットビジネスが金銭的にも
時間的にも精神的にも健康面も、もっと言えば
人間関係の面も自由になれる理由が分かると思います。

逆に言うと情報というものを知らないだけで、
自由な世界を知ることはないし自由な世界に
行けるチャンスを逃していることでもあるんですね。

なので情報というものの価値を理解して、
それから自分の判断で決定を下して行って欲しいと
思います。

前置きが長くなりましたが、話を進めていきますね。

ネットビジネスと不労所得の意味

えーっと、まずネットビジネスと不労所得の意味の確認を
させてください。前提知識の共有をしたいので。

ネットビジネスとは

ネットビジネスとは、
「インターネットを使って人を集めて、集めた人に対して
何らかの価値を提供して、その価値の対価として
お金をいただくこと」
です。

不労所得とは

不労所得とは、
「働かないで収入を得ること」
です。

前提知識の確認

前提知識の共有としてネットビジネスの意味と
不労所得の意味を確認しました。
不労所得は働かずにお金を得ることでしたね。

ネットビジネスは簡単に言うと

・インターネットを使って (ITを活用して
・人を集めて (集客して
・ものを売る (販売する

この3点にまとめられます。
ものを売るには「教育」という要素が必要になるんで、

ITを活用して→人を集めて→集めた人を教育して→ものを売る

こんな流れになります。
そしてこの上に示した流れをITを活用して自動化することで、
不労所得が可能になる
ということです。
これが結論です。

これだと言葉が足りないと思うのでもう少し
説明を加えますね。笑

資産化することの重要性

ビジネスって人に価値を与えることです。
価値提供することですね。
でですね、価値を提供することでその対価を
いただくことがビジネスです。

資産というものはお金を生み出すものです。
お金を生み出すものなので価値そのもの。

・資産=価値=お金を生み出すもの
       
   ↓ ・・・・・ 提供する・活用する

・収入、お金を得る


上に図示してみましたが、資産は価値のあるもので
お金を生み出す元になるものですね。

その資産や価値、お金を生み出すものを何らかの方法で
提供したり活用したりすることで、
お金を得ることに繋がります。
これってビジネスですよね。

人であれば知識や情報が誰かの役に立つもので、
その知識や情報を提供すればそれはお金に繋がります。
具体的に考えてみると、
・塾講師、家庭教師
・テニスコーチ
・サラリーマン


塾講師や家庭教師、テニスコーチなどは自分の知識やノウハウや経験を
自分より知識・経験が劣る人、ノウハウを学びたい人達に
伝えることによって価値を提供している。

サラリーマンなどは自分の労働力や経験や知識を経営者に提供することで、
その対価として給料をもらっています。


知識や経験、労働力も資産です。
資産を提供や活用してお金を得ている例
として説明してみました。


これが作家やミュージシャンなどアーティストと呼ばれる人達、
クリエイティブな何か価値のあるものを生み出す人達は、
自分の頭から考えや主張や想いや想像を掻き立てるもの、
創造物を作り上げてそれを形にすることで生計を立てています。


自分の頭にある「モノ」をカタチにして価値提供しています。
本だったりDVDだったりライブだったり・・・・・


何を言いたいかと言うと価値あるものを何かカタチとして残る
方法で保存しておくことがとても重要ということ
を言いたいんです。


不動産投資の例で考えると地主のおばあちゃんが土地を眠らせていた場合は、
土地が資産であり価値を産むものです。


売ればもちろん価値提供したことになりお金はもらえますが、
土地の上に住める家を作ることで多くの人に価値を提供するカタチを
作った結果、不労所得である家賃収入が得られるということですね。


このように人やモノや情報(知識・経験・価値観・考え方・アイデア)は
資産です。資産をどうやって活用したり提供したかで、
商品やサービスが異なってきます。


その活用や提供の仕方をカタチのあるものに変えて、より多くの人に
価値を提供できる仕組みがインターネットでは組めるんです。


では次の項目からネットビジネスで実際
どうやって不労所得を得ることができるか?
その点について話をしていきたいと思います。


ネットビジネスで不労所得を自動化して得るためには

ネットビジネスで不労所得を得るためには仕組みを
作る必要があります。
仕組みは一定の型に沿った形で適切なものを配置しなければ
なりません。


順番としては、
アクセス→リスト化→教育→販売→決済→アフターフォロー

仕組みの全体像に関して知りたい人は
ネットビジネスの仕組みについて全体像を把握
ネットビジネスで自動化して稼ぐ仕組みの作り方を公開!
こちらの記事を参照ください。

1、この順番に適切なもの、すなわち資産(コンテンツ)を
作成します。

2、作成した資産(コンテンツ)をインターネット上に配置します。

3、配置した資産(コンテンツ)をITを活用して自動化します。


順に見ていきましょう。

1、インターネット上に資産(コンテンツ)を作成する

先程見てきたように資産はお金を生み出すものです。
価値あるものをインターネット上にコンテンツとして
作成して多くの人に見てもらえるように資産化します。


例えばネットビジネスに関して困っている人がいれば、
ネットビジネスの疑問や不安に思う点や知りたいこと
をその人にとって役に立つ情報であればそれは
コンテンツになります。


また情報発信者独自のものの見方や考え方なども
人に価値を与えるものになります。
具体的に今までの話をまとめると

・知識
・経験
・価値観
・考え方
・アイデア


これらのことが価値のあるものなので、コンテンツになります。
コンテンツはテキストや音声・動画でもデータであれば
インターネット上に残すことができるのでどれもOK。


テキストだとブログに記事作成やSNSに文章を投稿するなど。
音声・動画だとYouTubeにアップロードするなど。
このようなコンテンツの種類があります。


2、作成した資産(コンテンツ)をインターネット上に配置する

作成したコンテンツをインターネット上に
適切に配置する必要があります。
作成したコンテンツは以下の3種類に分けられます。

・集客目的のコンテンツ
・教育目的のコンテンツ
・販売目的のコンテンツ


集客目的のコンテンツ

集客目的のコンテンツは人を集めるためのコンテンツです。
ビジネスを簡単に言葉で表すと
人を集めてものを売るという言葉で表されました。


この「人を集めて」の部分の集客をするためのコンテンツを
上の一連の流れのアクセスのパーツとして、
インターネット上に人を集める目的で配置します。


具体的には
・SNS上にコンテンツを配置する
・YouTubeにコンテンツをアップロードする
・ブログにコンテンツを載せて検索エンジンで
上位表示を狙う


このような形で集客を行います。
なおお金を払ってインターネット上に広告を打つことで
集客することもできますが、今回の説明では
省略します。


教育目的のコンテンツ

教育目的のコンテンツは集めた人をファンにするための記事です。
人は興味があるとコンテンツを見たり読んでくれますが、
商品を買うまでには至りません。それはなぜかと言うと、
販売者に対して信頼がまだ置けないからです。


ものを売るには販売者に対して信頼がないとお金を払う気に
なれないから。なので僕たちはお客さんと信頼関係を結ばなくては
ならない。その信頼関係を作るコンテンツが教育コンテンツです。


教育コンテンツは人に新たな視点やものの見方、シンプルに言うと、
「ヘェ〜、為になるわぁー」
と言わせるような内容を盛り込むイメージです。
信頼させる為のコンテンツなので。


こちらは主にメルマガで読者に対して信頼を置いてもらえるような
コンテンツを配置します。教育コンテンツですね。
こちらを配置していきます。

販売目的のコンテンツ

そして最後に販売目的のコンテンツですがものを売るためのコンテンツです。
お金を得る為にはセールスをしなくてはなりません。


売る商品は様々あり売る形態によってその呼び名も変わってきます。
代理販売だったらアフィリエイトだし、自作の情報商材だったら
情報販売のセールスです。


販売目的のコンテンツは自作の情報商材を販売するケースであれば
メルマガを利用した販売がメインになります。
メルマガに販売目的のコンテンツを載せてセールスしていきます。


アフィリエイトであればメルマガでもブログでも販売目的のコンテンツを
載せることでセールスが可能です。
記事内容は商品のレビュー記事などがメインになるでしょう。


3、配置した資産(コンテンツ)をITを活用して自動化する

資産化したコンテンツをネットビジネスの全体像に
照らし合わせて配置し、その配置したコンテンツの
目的毎にITの力をうまく活用して自動化をしていきます。


インターネットに資産であるコンテンツを載せることは
データでやりとりをすることでもあります。
なので半永久的にそのコンテンツは残ることになります。
この点がネットビジネスのとても良いところです。


シンプルに図示すると、

・アクセス ・・・・・ 集客目的コンテンツ
                 SEO、SNS、YouTube、(インターネット広告)
     ↓
・リスト化 ・・・・・ ブログへ集客する。→メルマガに登録する
     ↓
・教育 ・・・・・ 教育目的コンテンツ
                    メルマガにてステップメールを流す
     ↓
・販売 ・・・・・ 販売目的コンテンツ
                    メルマガにてステップメールを流す
     ↓
・決済 ・・・・・ Paypal、銀行振込などインターネットを利用した決済サービスを利用
     ↓
・アフターフォロー ・・・・・ ステップメールにより購入後のフォローメール


このような流れになります。
これは自作の情報商材を販売したケースを想定しましたが、
アフィリエイトだったらブログ内に販売目的のコンテンツを
入れて商品広告を貼っていてもOKです。


またSEO集客目的のコンテンツの中に、読者に向けて信頼を持ってもらうような
視座の高いコンテンツを入れてもそれは構わないです。


WordPressブログであれば無料ブログのようにGoogleのポリシーに反するから
といっていきなり検索の圏外に飛ばされたり、朝起きたら自分のブログが
跡形もなく消え去っていたということはなので資産として残ります。


メルマガも専用のメルマガスタンドがあり、その専用メルマガに月額約3000円くらいで
日時を決まったタイミングで登録した読者に送るメールを設定できます。
ステップメールと言います。一度設定してしまえば後は勝手に自動的に登録者に
2日後とか3日後の夜8時とか送るタイミングを自動化できます。


販売もステップメール内に販売目的のコンテンツを入れておけばそのコンテンツが
営業マンの代わりとなって自動的に営業してくれます。
その形としては文章だったり動画だったり音声だったり違いますが、
仕組みを一度組んでおけば後は自分の分身が自動的に価値を提供してくれます。


決済もITを利用した決済サービスを使えば入金確認くらいで済むようになります。



アフターフォローに関しては購入後の説明や補足をステップメールにて自動で
メールを送るように仕組みを作っておけば自動化できます。


このようにネットビジネスの全ての流れをITを活用することで、
自分の労力をその都度使うことなく自動的に価値の提供が
可能になります。


まとめ

今回はネットビジネスで不労所得自動化が可能かどうかを
理由と方法(やり方)も混じえておすすめするカタチを
説明してきました。


ビジネスなので価値提供することに代わりはありません。
ただネットビジネスの場合インターネットのメリットの
多くを活用する点で労力を使わずに価値の提供が
可能になっています。


レバレッジ効果が効いているので自分一人の力で
多くの価値が提供できることがネットビジネスが
不労所得を可能にしている理由ですね。


インターネット上に資産化したコンテンツをネットビジネスの
全体像に当てはめて配置し、ITツールを利用して自動化
すれば不労所得の仕組みが完成するということです。


価値あるコンテンツを地道に作成していくことは根気のいる
作業ですが、その先にある世界はとても素晴らしものだと
思うのでやってみる価値が大いにあると思います。


僕も日々精進しています!


では今回はこの辺で!


投稿者プロフィール

河上 アツヲ
河上 アツヲ
ネットビジネス実践中の40歳既婚、一児の父親。
日々知性と感性を磨いて成長していく。
成長の過程を情報発信を通じて見て頂ければと思います。
自分の生き様が他人に影響力を与える結果になるよう日々精進。
まとめると、自分も他の人もハッピーになれたら良いな!と
思ってます!
宜しくお願いします。
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です