ネットビジネス初心者が起業・マーケティングで失敗しないやり方って何?

どうも、アツヲです。

よくビジネスではマーケティングが大事、マーケティングが重要だ!って
言われますよね。
マーケティングってどういうイメージを持っていますかね??

僕のイメージではマーケティングはマーケターという職業もあるくらいだから、
市場分析とか業界分析とか何かリサーチを徹底的にして分析して
ビジネスに活かす学問というイメージですかね。
一般的に言ってもこのようなイメージを持つ人が多いんではないでしょうか。

何か言葉自体もカタカナでシャープなイメージでカッコいいですしね。笑

で、今回はこのマーケティングという言葉の意味をシンプルに端的に
言い表してきます。

そしてネットビジネスにおいてのマーケティングの具体的な手法
についても解説していきたいと思います。


今回の記事を理解することでネットビジネスの全体像が分かります。
と同時にマーケティングの重要性も理解できる内容です。


ネットビジネス初心者が起業する場合にも当然役に立つ情報です。
是非あなたの地肉にして身に付けていってください。


では早速見ていきましょう!

マーケティングの意味とは

結論から端的に話します。
マーケティングとは誘導、道案内です。


そう。これだけです。あくまでイメージとして捉えてください。
全ての説明がこの 誘導道案内という言葉で
繋がってきますので。


もう少し詳しく言うと
大量に効率的に売るために、リサーチして顧客に商品・サービスを売るまでの
全行程の総称。

です。
戦略的なイメージですね。


ターゲティングとか商品選定とか市場調査とか業界分析とか・・・・・
このようなことも全部マーケティングを構成している要素に過ぎません。


では物事を分けて説明していきたいと思います。


ネットビジネスって
インターネットを使って、人を集めてその集めた人に何らかの価値の提供をして
その価値の対価としてお金を得ること

です。


ビジネスは究極的には
人を集めてものを売ること
です。

もの=何らかの価値
です。
なので、ビジネスは何らかの価値を集まった人に対して提供すること
ですね。売る=価値提供です。


で、今回話を進めていくマーケティングというのは、
誰に対して、価値のあるものを、どのように提供していくか
を追求していく学問です。

・誰に ・・・・・ ターゲティング
・何を ・・・・・ 商品企画・商品開発
・どうやって ・・・・・ プロモーション



上に挙げたように一般企業で考えた場合、
・誰に対して商品・サービスを
提供していくかが、誰にの部分つまり ターゲティングです。
顧客分析。顧客の絞り込み。


・そのターゲットに対して何を企画・開発して価値提供していくか
を考えるのが 商品企画・商品開発ですね。
絞り込んだ顧客に響くものは何なのかを追求していく部門です。


・そしてターゲットと価値提供していくものが決まったところで、
その商品・サービスをどのように売っていくかを考えるのが
プロモーションの役割です。
広告を打つとかどの流通経路に乗せて商品を売っていくかとか。


そしてこの誰に・何を・どうやっての全ての要素を分析して
戦略を練り、セールスに繋げて道案内・誘導することが
マーケティングの役割です。



企業組織だと役割分担が決まっている場合が多いので、
・このマーケティングの全体像・戦略・リサーチ・流通
を考えるのがマーケティング担当者です。
・商品企画、商品開発を実際に実行していくのは商品企画室や商品開発室ですね。
・プロモーションの実行は広報などが担うケースが多いと思います。


このように企業組織だと それぞれの要素の戦略を練るのはマーケターで、
実際に実行していくのは各部門に所属が別れている。


それに対してネットビジネスでは個人でこのマーケティングの一連の流れを
全て作り上げて実行していくことになります。



「こんな集客から販売するまでの大変な仕事を個人でやっていけるのかよ??」


とお思いの人も多いと思います。
この点はインターネットというITの力をフルに活用したビジネスがネットビジネス
だからそれを可能にしています。レバレッジ効果が効くからです。


簡単に説明すると価値のあるコンテンツ(テキスト・音声・動画など)を個人の力で
多くの人に提供できる環境が整っているからです。

例を出すと、有名芸能人が一言Twitterで何か呟いたら何100万、何1000万
下手したら億単位のフォロワーやTwitter利用者に影響力を与えますよね??
1人 対 数億人とか。笑


このように少ない労力でアナログや対面では有り得ない影響力を及ぼすことが可能に
なるのが、インターネットの力です。
このインターネットのメリットを活用してビジネスに利用しているのがネットビジネスです。


だから僕たちがやっているネットビジネスというビジネスは何らかの価値を
感じ取ってもらえる人に対してインターネットを通じて価値提供をすることが出来れば、個人の力でも多くの利益を得ることが可能になるとういう魅力的なビジネスに取り組んでいるということです。


またマーケティングが出来ているからこそそのような結果が可能になること
でもあります。


ではどうやってネットビジネスでマーケティングを活かしていくか
という点について次から話していきます。

ネットビジネスにおけるマーケティング

マーケティングのイメージは道案内・誘導ということを
先ほどの項目で話をしました。
マーケティングはより効率的・効果的にに人に価値提供をしていく
仕組みを作りセールスするまで誘導していく仕組み作りですね。

マーケティングの意味である誘導・道案内はお客さんに本当に良いと思うもの
やサービスを教えてあげて、お客さんの理想とする未来や世界に連れて行って
あげることと捉えてください。


セールスするまでの誘導というと何か繁華街で無理やり
お店まで連れていくようなイメージを持つかもしれなんで
補足しておきますね。笑


あくまで販売者である僕たちがお客さんの理想的な未来
(ベネフィットとも言います)を実現させてあげるのに
道案内してあげるということです。


良いことをしてあげて相手も喜んでくれる。
最高じゃないですか!
そんなイメージです。


逆にコピーライティングなどで煽って利益目的だけでマーケティングの
知識を使って誘導・道案内していったら、それこそ繁華街の呼び込みの
キャッチに連れらていくようなボッタクリバーのイメージになってしまいます。。。


話逸れましたので元に戻しますと、
ネットビジネスの全体像を理解してその全体像を構成している要素に
適した価値のあるもの(コンテンツ)を作り上げることが、
ネットビジネスでのマーケティングになります。


集客→リスト化→教育→決済→販売→アフターフォロー


この順番にその構成要素に合ったコンテンツを作成していきます。
お客さんの理想の未来(ベネフィット)を実現するために
商品・サービスを販売していく。


もっと言えば理想の未来(ベネフィット)の実現に向けてお客さんを
誘導・道案内していくことがマーケティングの意味です。


・集客 ・・・・・ 集客目的コンテンツ
SEO、SNS、YouTube、(インターネット広告)

・リスト化 ・・・・・ ブログへ集客する。→メルマガに登録する

・教育 ・・・・・ 教育目的コンテンツ
メルマガにてステップメールを流す

・販売 ・・・・・ 販売目的コンテンツ
メルマガにてステップメールを流す

・決済 ・・・・・ Paypal、銀行振込などインターネットを利用した
決済サービスを利用

・アフターフォロー ・・・・・ ステップメールにより購入後の
                フォローメール


上に示したように要素毎に配置するコンテンツやツールを用いて、
お客さんの理想に近くように誘導・道案内していきます。
各フェーズ毎に求められる要素が異なるのでその点を注意して
コンテンツ作成をしていくことがポイントです。



具体的には人を集める集客フェーズには集客目的のコンテンツを配置し、
お客さんにとってプラスになる価値観や考え方を提供して信頼関係を
作り上げるフェーズには教育目的のコンテンツを配置します。


そしてお客さんにとって理想的な未来や世界を実現するための手段として、
商品やサービスを提案する販売フェーズでは、販売目的のコンテンツを
配置します。


このように各フェーズ毎に目的に合致したコンテンツを配置して、
マーケティングの型通りに道案内をしてあげることが
ネットビジネスのマーケティングでは求められることです。


順番に段階的に次のフェーズに繋げられるように価値あるコンテンツを
作成していくことが重要ということを重ねて述べておきます。

DRMとは

DRMという言葉を知っているでしょうか?


DRMとはダイレクト・レスポンス・マーケティングの略です。
顧客に対して直接的に反応を取って、その反応によって
価値提供するものを決めて価値提供をしていくマーケティング手法です。



集客→教育→販売


にまとめられます。


簡単に説明すると販売者側はターゲットが何を望んでいるのかを知るために
いろいろとリサーチをしていくわけですけど、そのリサーチを顧客と直にやり取りして顧客のニーズやウォンツを商品・サービスに反映していくやり方ですね。


ネットビジネスではリスト化→メルマガ(メールマガジン)によって、顧客と直にやり取りを行えます。


ニーズやウォンツ、反応をコンテンツ(テキスト・動画など)
を通して知ることが出来るので、より顧客の望んでいるものを
提供できるというメリットがあります。


逆に言うと顧客の望んでいないものを提案することがないので顧客側にとっては
ストレスが減り、僕たち販売者側にとっても余計な労力を使うことなく
よりピンポイントに顧客にアプローチすることが出来ます。


またこちらから良い商品やサービスを紹介出来たり働きかけをすることが出来る点もメリットです。


メルマガに登録してもらえるとメールアドレスを入手出来ます。
このメールアドレスがあることでこちらから働きかけをすることが出来る
ということ
です。
この働きかけのことをプッシュ型戦略と言います。


街の飲食店などは看板や店の前のポスターなどで
「あ、何か美味しそうだなぁ〜。入ろうかなぁ。」
と興味づけをしてお客さんに店に入ってもらおうとしているわけです。
待ちの戦略を取っているわけですね。


まぁ今は食べログやぐるなびなどネットを使って集客するケースも
増えてきましたが、街の飲食店の大半は待ちの戦略です。


これが僕たちは
「お客さんの理想の未来の実現にはこの商品・サービスが必要だ!」
と、こちらからメルマガでプッシュ出来るわけです。
待っているより働きがけできるので効果的ということですね。
このプッシュ型戦略を取れる点がDRMの大事なポイントです。


まとめ

今回はネットビジネスにおけるマーケティングの意味や
具体的な方法(やり方)
について見てきました。


マーケティングのイメージは誘導・道案内のイメージでした。
お客さんの理想的な未来や世界を実現するために誘導・道案内を
すること。そしてより効率的・効果的なビジネスをしていく仕組み作り
もマーケティングの役割の一つでした。


ネットビジネスでマーケティングのメリットが最大化する手法が
DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)
でした。
集客→教育→販売


ネットビジネスでは教育→販売のフェーズでメルマガを用いることで、
DRMの最大のポイントであるプッシュ型戦略を取れるのでこちらから
働き掛けが出来るのがメリットの一つ。


もう一つはお客さんの反応を取りながらコンテンツを提供できる
点もメリットでした。お客さんのストレスを減らすことができる。
こちらもよりピンポイントにお客さんの求めているものにコミットする
ことができる。


このように全てのフェーズでマーケティングを意識することで綺麗な
道が整備されることに繋がります。
全体性を意識することが大事ですね。
お客さんの求める未来の実現のために価値あるコンテンツを作成して
先導していく役割を担っているのが僕たちの立場だと思います。


日々価値提供して良い方向に人を導ける人間になれるよう精進していきたい
と思います。


なお仕組みの全体像や自動化に関して興味のある人は
ネットビジネスの仕組みについて全体像を把握
ネットビジネスで自動化して稼ぐ仕組みの作り方を公開!
ネットビジネスで不労所得は本当に可能か!?理由と方法とは?
を参照ください。


では今回はこの辺で!


投稿者プロフィール

河上 アツヲ
河上 アツヲ
ネットビジネス実践中の40歳既婚、一児の父親。
日々知性と感性を磨いて成長していく。
成長の過程を情報発信を通じて見て頂ければと思います。
自分の生き様が他人に影響力を与える結果になるよう日々精進。
まとめると、自分も他の人もハッピーになれたら良いな!と
思ってます!
宜しくお願いします。
Pocket
LINEで送る

7日間のメールレッスン 「エネルギーとお金のオンライン無料相談会(30分付き)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です