ネットビジネス(種類・仕組み)の情報販売でYouTubeの役割とは?

どうも、アツヲです。


今回の話はネットビジネスでも情報販売をメインでやっている場合が
前提ですが、「 YouTubeてネットビジネスではどういう役割があるのか?
YouTubeの役割ですね。
YouTubeの役割について話をしていきたいと思います。


ところでYouTubeで稼ぐにはどうしたら良いのか?を知りたくて
このブログに辿り着いた人いますか??
ごめんなさい。ちょっと今回の趣旨とは外れます。
まぁ参考にはなるとは思うけど他のサイトを見てもらった方がいいかなぁ。


今回の内容を伝えたいと思っている人は

・ネットビジネスの中で情報販売をメインにやろうと思っている人
・ネットビジネスでYouTubeの意味や目的が曖昧な人
・ネットビジネスでYouTubeを活用していきたいと思っている人


このような人が対象です。


結論から先に言ってしまうと、
ネットビジネスの中で情報販売をしていく際のYouTubeを使う目的は
集客目的です。


人を集めるためです。人を集めるための一つの媒体ですね。
教育の目的もあるんですけどメインは集客目的です。


結論を先に聞いて「もう分かったよ。」と思った人は
ここで読むの終えてもらって大丈夫ですよ。
もう既にかなり理解が深まっている段階の人だと思われるので。はい。


ちょっとその話については曖昧だなぁーとか、分からんなぁーと思った人は
このまま読み進めていって欲しいと思います。


今回の記事を読み進めることで

・ネットビジネスの全体像を把握して作業に取り組むことが出来る。
・目的意識を持って作業に取り組むことが出来るので迷わなくなる。
・具体的なノウハウなど枝葉の知識に惑わされなくなる。
・目的に向かって正しい方向で進んでいける。


こんなメリットが得られます。


逆に今回の内容の理解が不十分の場合は、全体像を把握できていないので
YouTubeの具体的な稼ぎ方などの枝葉の情報に囚われることになります。

情報販売でビジネスをしていく趣旨とは違ってくるということですね。


あと、作業してる目的が明確ではないので納得感が生まれないし、
不安な気持ちになってやる気が失われる危険もありますね。
不安を煽っているのではないですけどそういう不安要素があるということです。


きっちり内容を踏まえた上でネットビジネスを実践していってもらいたい
と思います。


では早速見ていきましょう!


ネットビジネスの意味

まず最初にネットビジネスの意味について確認していきたいと
思います。


ネットビジネスとは、
インターネットを活用して、人を集めて、集めた人に対して
何らかの価値を提供して、その価値提供の対価として
お金を得ること
」 です。


物事を理解するのに細分化するという考え方は大事なんですけど、
細分化してみたいと思います。分けることですね。

なお勉強法、勉強方法について詳しく説明した記事があるので、興味がある人は
ネットビジネスの基本を戦略的に学ぶ勉強法とは?
ネットビジネスの勉強方法についておすすめするやり方を解説!
こちらの記事をご覧下さい。


・インターネットを活用して ・・・・・ 【ITツール】
・人を集めて ・・・・・ 【集客・アクセス】
・集めた人に対して何らかの価値を提供して ・・・・・ 【教育・販売】
・その価値提供の対価としてお金を得ること ・・・・・ 【販売・決済】



このように分けることができます。そしてまとめてみました。
めちゃくちゃシンプルに言うと、
人を集めてものを売る。ということですね。


ネットビジネスは、
人を集めてものを売ることについて、便利だからインターネットを活用して
ビジネスしているに過ぎないんですね。ビジネスの本質はおんなじです。


集客 → 教育 → 販売 です。


上にまとめたことを簡単に説明していきますね。


インターネットを活用してというのはインターネット環境やITツールを活用することです。
具体的には

・インターネット環境
・検索エンジン (Google,Yahoo! etc)
・WordPressブログ
・各種SNS (Twitter,YouTube,Facebook,インスタグラム etc)
・メールマガジン
・自動決済システム

など

こんなツールを活用していきます。


人を集めてとは、集客ですね。ネットビジネスであったら自分のメディアに
人を集める必要があります。なぜ人を集める必要があるかというと、
人に価値を提供することでお金を得ることが出来るからです。


当たり前ですね。人を集めて価値提供して価値を感じてもらった結果、
その対価としてお金をいただける。


価値とは人の役に立つものです。集まった人に価値を理解してもらう
ことが教育です。
シンプルに言うと
「この商品を得ることでお客さんの未来が良くなりすよ〜」て
お客さんの価値観や考え方を変えてあげることです。


もちろんお客さんにとって本当に良い未来になることを願って価値観や
考え方を伝えていかないとダメです。それ誤るとクレームに繋がるし
信頼されません。結果商品も売れないし、
そんなビジネスしていたら市場から退場させられる結果になります。


信頼を得るためにも教育が大切です。


そして適切な価値の提供をすることで、その対価としてお金をいただく。
販売・決済ですね。価値提供の仕方が情報販売の場合は
情報をインターネットを活用して提供することだったりします。


では次から情報販売について見ていきますね。


情報販売とは

先程までのパートではネットビジネスの意味について見てきました。
ビジネスは究極的に言うと、人を集めてものを売ること。
ネットビジネスは、便利なのでインターネットを活用してビジネスしている
に過ぎないんだよということを話しました。


このパートでは情報販売について話をしていきたいと思います。
人を集めてものを売ることの「もの」についてです。

「もの売る」=価値提供です。
・もの=価値=商品
・売る=価値提供=教育・販売

情報販売はネットビジネスの中の一つのジャンル・種類です。
上の箇条書きでまとめた部分で説明すると、

・もの=価値=商品 ←ここが「情報」になる!

商品が情報です。
つまり情報をインターネットを活用して売っていくことですね。
情報を売るから情報販売です。


「当たり前やんけ〜」
って声が聞こえてきそうですが、一応確認です。


でですね、売るためには情報の価値を適切に集めたお客さんに
説明する必要があるんですね。何故なら価値を感じてもらえないと
商品が売れないからです。教育の重要性ですね。
価値を感じてもらえるからものが売れる。


情報販売は情報に価値を感じてもらう必要があります。
ではお客さんが価値を感じる情報って何なのか?
これを考える必要があります。

「何でしょう??」


??????


それは人が今抱えているまたは抱えていても気付いていない
興味・関心(悩みや疑問や好奇心や欲望や恐怖)を
解消することの出来る情報です。
もっと言えば興味・関心を解消した
後に得られる未来も含めた情報です。


身近な具体例で説明しますね。
共働きの夫婦に衣類乾燥機を販売する場合を考えてみます。


夫婦共に夜遅くまで働いていて帰宅が遅い。家に帰っても
ご飯を食べてシャワーを浴びてすぐ寝るだけ。服を洗濯するのは
週末にまとめて洗う生活。もう洗い物溜まりまくり。
せっかくの週末の午前中が洗濯など家事の時間に取られてしまう。

洗濯機を2回、3回回して、洗い終わった洗濯物をハンガーに吊るす。
そしてベランダに干す。夕方になったらハンガーを部屋に取り込んで、
取り込んだ服をたたむ。畳んで整理して衣装ケースに仕舞い込む。
雨でも週末振ったらベランダに干せないし部屋干ししたら生乾きの心配も。。。


「この週末の家事の時間何とか何ないかなぁー」
って悩みや不満を思っていたり、気付いてなくても心の奥底でそんな気持ちを
抱いているわけですね。


このような悩みを衣類乾燥機を購入することで、

・ハンガーに吊るす、ベランダに干す時間がざっくり減る
・週末雨降っても安心
・部屋に衣類を取り込む心配をしなくても良い
・生乾きの心配回避
・夫婦の時間を作ることができる
・日中の雨の心配をしなくて済むので安心して外出できる

など、衣類乾燥機という商品を手に入れて得られる未来を
イメージさせることで、商品の購入する可能性が高まります。



こういった情報をネットビジネスの場合にも情報という価値を伝えることで
ビジネスに繋げると言うことです。今の例では商品が衣類乾燥機という
姿・形のある「物」でしたが、情報販売では商品が姿・形のない「モノ」に
変わります。(細かく言うとDVDなどは物ですが情報を扱っているので「モノ」になります)


姿・形のない「モノ」というのは、無形のモノです。
知識や経験や価値観やものごとの捉え方や考え方、アイデアなどです。
そのような無形の「モノ」を情報として商品として提供していく。


提供の仕方がいろいろあって

・動画、音声だったら → YouTube で伝える 【視覚・聴覚】
・文字だったら → PDF、サイト・ブログ、メルマガ で伝える 【視覚】


など、視覚や聴覚で情報を価値のあるものとして提供していきます。
情報販売における価値提供の仕方ですね。


この後説明していきますが、YouTubeなどの動画は、人間の目や耳を
使って情報を伝えられるから良いんですよ。
人間の五感(視覚、味覚、聴覚、触覚、嗅覚)のうちの2つ(視覚・聴覚)に
訴えかけられるので、そりゃ便利だよね。て話です。


そんな便利なYouTubeをネットビジネスの中で情報販売に活かしていく
視点について、次のパートで見ていきます。


YouTube(ユーチューブ)の役割とは

冒頭でYouTubeはネットビジネスの中で情報販売の全体像で見ると
集客をするための一つの媒体ということを話しました。


ここでネットビジネスの全体像の話をしておきます。

全体像に関して詳しく知りたい人は

ネットビジネスでマーケティングの意味って分かりますか?端的に解説!
こちらの記事を参照ください。


・集客 ・・・・・ 集客目的コンテンツ
SEO、SNS、YouTube、(インターネット広告)

・リスト化 ・・・・・ ブログへ集客する。→メルマガに登録する

・教育 ・・・・・ 教育目的コンテンツ
メルマガにてステップメールを流す

・販売 ・・・・・ 販売目的コンテンツ
メルマガにてステップメールを流す

・決済 ・・・・・ Paypal、銀行振込などインターネットを利用した
決済サービスを利用

・アフターフォロー ・・・・・ ステップメールにより購入後の
                フォローメール


上に示した流れでビジネスを組んでいきます。全体像ですね。
YouTubeは集客するための一つの媒体ということを話しましたが、
自分のメディア(オウンドメディア)に人を集めるために利用する
媒体ということです。


オウンドメディアはここで言うとWordPressブログがそれに当たります。
無料ブログではなく有料の月額の維持費(約3000円くらい)がかかる
ブログです。WordPressブログ自体は無料でインストールできますが、
レンタルサーバーとドメイン代がかかるので有料ブログと呼びます。


集客目的に利用する媒体の一つなので、TwitterやFacebookなどの
各種SNSも検索エンジンで上位表示させる技術のSEOも集客目的の一つです。


価値とは人が興味・関心を抱いていることに対して解消することであると言いました。
集客するためにはこの人の興味・関心を解消する情報をSNSやブログやYouTubeで
コンテンツとして提供することで人を集めやすくなります。
簡単に言うと如何に興味付けすることができるかどうか。です。


興味付けって何なのかというと人の関心度を上げること。
ちょっと話が難しくなってきましたね。
関心の5段階とか言ったりします。


人の関心って5段階に分かれる。

・無関心 ・・・・・ 【認知段階】   「興味ないわぁ〜」
・好奇心 ・・・・・ 【感情段階】   「少し興味あるかも」
・欲望    ・・・・・ 【感情段階】   「欲しいなぁ」
・恐怖    ・・・・・ 【感情段階】   「絶対手に入れないとヤバイ!」
・行動   ・・・・・ 【行動段階】


行動するってことはビジネスに当てはめると、
集客だったら人が自分のお店やメディア(ブログ)に集まることだし、
教育だったら価値観や考え方などが変わることだし、
販売だったら実際に商品を購入することだったりします。


この関心度を上げるようなコンテンツをネットビジネスの全体像の中で
お客さんに提供して関心度を上げていく必要があるってことです。
関心度を上げるためのコンテンツを提供する媒体として有効なのが
YouTubeなんですね。


YouTubeは

・視覚と聴覚で人に訴え掛けられる
・伝えることのできる情報量が多い
・集客目的だけでなく教育についての情報も盛り込むことができる
・音で聞けるのでコンテンツに触れるハードルが下がる


など、このようなメリットがあります。
また動画で情報を伝えていくので情報発信者の個性やキャラクターの色が
コンテンツに滲み出てくる(キャラ付け)ので、
ファンになりやすかったり世界観を出しやすかったりします。


今の時代性もニーズよりウォンツ、娯楽性を求められる時代性なので、
そのような点からもYouTubeはエンタメ要素を盛り込みやすいです。

いろいろと話してきましたが今までの話をまとめると、

・YouTubeのメインの目的は集客。
・YouTubeは教育の要素を含めることも可能
・人の関心度を上げていく手段としてもYouTubeは有効な手段
・YouTubeは情報発信者の個性や色や世界観が出やすいので良い
・YouTubeは今の時代性に求めれる娯楽性も表現できる


こんな点がYouTubeの役割と特徴としてまとめられます。


まとめ

今回はネットビジネス(種類・仕組み)の中で
情報販売をメインにした場合の
YouTubeの役割とは?
というテーマで話を進めてきました。


YouTubeはネットビジネスで今回の情報販売を前提にした場合は
集客目的のコンテンツを配置する「場」ということ。
また集客する目的がメインですが、教育することも可能ということです。
それは動画でコンテンツを伝えることが出来るからでしたね。


YouTubeは動画で伝えることは視覚(目)と聴覚(耳)に訴えることが出来る媒体です。
時代性も娯楽性が求められる時代性。キャラ・個性・世界観を発揮しやすい。
そんな特徴を持っています。


ネットビジネスの全体像をしっかり把握してYouTubeの特性を活かしていってもらえたら
良いなぁと思います。


では今回はこの辺で!




投稿者プロフィール

河上 アツヲ
河上 アツヲ
ネットビジネス実践中の40歳既婚、一児の父親。
日々知性と感性を磨いて成長していく。
成長の過程を情報発信を通じて見て頂ければと思います。
自分の生き様が他人に影響力を与える結果になるよう日々精進。
まとめると、自分も他の人もハッピーになれたら良いな!と
思ってます!
宜しくお願いします。
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です