おすすめ!ネットビジネスでコンテンツアイデアを生み出し続けるやり方

どうも、アツヲです。


今回はネットビジネスでコンテンツのアイデアを
生み出し続けるおすすめのやり方・方法について
話していきます。



ネットビジネスで考えるアイデアっていろいろあると思うんですけど、
僕が今回話そうと思うアイデアというのは、
コンテンツを作成するのにどういう思考でアイデアを生み出すか
ということに関してです。



想定している読者さん像は、もう既にWordPressブログを
立ち上げてコンテンツ作成をしているけど、
中々内容が思い浮かばないとか文章を書いていけないとか
モヤモヤした悩みを抱えている人に向けて響く内容かと思います。



僕もWordPress立ち上げ当初は何書いていいか分からなかったし、
ペン(キーボード)が走っていかなかったんですよねぇ。
(このモヤモヤした気持ち、すんごく分かります。)



でも考え方・思考を変えたらあら不思議。
だいぶスラスラとアイデアが頭の中に浮かんで
コンテンツ作成が楽になりました。



今コンテンツ作成でモヤモヤして悩んでいるあなたが、
今回の内容を脳内にインプットすることで
コンテンツ作成する時の考え方を身に付けることができます。
また、
情報発信者側のマインドを手に入れることができます。


ぜひ自分の想いを素直に表現出来る表現者・情報発信者になってもらいたいです。



では見ていきましょう!



消費者マインドから発信者マインドの転換


これは僕の経験談なのですが、普段僕らは受け身の立場
情報を入手している環境に身を置いていると思います。




考えてみてください。情報の入手先としては、
テレビ、ラジオ、新聞、本、インターネット、SNS、ブログ、YouTube・・・。
ほとんどが受動的・受け身の立ち位置で情報を得ています。



また、小さい頃から学校という義務教育で先生から一方的に
知識という情報をインプットしていくプログラムが組まれていました。



僕らは自分から知識や情報を誰かに発信していく環境を経験していなかった。
これが今回のテーマのコンテンツ作成時にアイデアが思い付かないことの原因
に繋がっていると僕は考えます。



事実や知識、「機能的価値」をインプットする機会が多く、
そのインプットした事実や知識を自分の頭で考えて
誰かに情報として自分の考えを発信する機会があまり無かったのが
情報発信を難しくしている原因。



なので、まずは前提として僕らがブログなどメディアで何かを伝える
ということは、発信者側の立ち位置に属しているということを
強く意識することが大事だと考えます。
強く意識します。ほんと。



この意識を強くしないとすぐ消費者側のマインドで考えてしまう。
情報は頭使わないで知識や事実だけを何となく
無思考でインプットすることに慣れてるんで。



情報発信者側に立って自分の頭で考えて自分の意見を持つようにする
大事なことだと考えてます。



素材を加工する料理人の意識


さっきまでの内容は、情報発信者側の意識を持つという内容でした。
次に、情報発信者としてインプットした情報を
自分の頭・フィルターを通して発信していく考え方について話そうと思います。



まず言葉の定義から。
ここでいう素材というのは、「事実」「知識」「出来事」「経験」「体験」「人からの話」など
かんたんに言うと”ネタ”ですね。



で、加工の方の定義はと言うと、
素材に関して自分の思想、思考を絡めて導き出された発想
とかです。
素材に関して自分の視点・フィルターを通して導き出された発想」。
発想だけでなく、再定義された思想や思考もあります。



素材:「事実」「知識」「出来事」「経験」「体験」「人からの話」など

自分の視点・フィルター:「素材に関して自分の思想、思考を絡める」

発想(アイデア):「導き出された発想・思想・思考」



補足として、ここで言う思想、思考、発想と言うのは、


・思想:価値観とか捉え方とか。
・思考:物事の考え方。型。
なぜ?なんで?どのように?など5W1H。
・発想:素材に関して思想、思考から導き出されたもの。


とイメージしてもらえればと思います。



まとめると、
日常生活で出会う知識や経験・体験などの出来事が
素材であり、
素材のまま情報発信すると「機能的価値」として
コンテンツになります。



素材を自分のフィルターを通して考える(=加工する)
と、「機能的価値」や「感情的価値」として
コンテンツになります。



素材を加工する」とは、日常で出会う出来事(素材)を
自分の頭・フィルターを通して
価値ある情報に付け替える、付加すること。



そのような行為が「素材を加工する料理人の意識」です。



読み手に価値を提供する意識


それまで話をしてきた2つのテーマとダブるですが、
相手(読み手)を意識して情報を発信していく
ということですね。


誰に?を意識することの重要性についてです。


ネットビジネスの全体像、コミュニケーションスキルに関する内容は
ネットビジネスで必要なスキルは3つだけ【超重要】
を確認してください。


・相手(読み手)を意識して、
情報発信者側の視点で情報を発信していく。


・相手(読み手)を意識して、
情報発信者側の視点を踏まえた上で
自分独自の視点を付加して価値ある情報を発信していく。


コミュニケーションに関しては、


誰に? → 相手(読み手)を意識する。
何を? → 素材(「機能的価値」) や 素材×加工(「機能的価値」×「感情的価値」)を発信する。
どうやって? → 媒体(ブログ・YouTubeなど)を使い、文章や動画・映像を使って価値を発信する。


3点にまとめられます。
人と人とのコミュニケーションなんですよね。結局。



なので、僕なりに考えてまとめてみると
いかにして現実社会(リアル)で行なっているコミュニケーションを
違和感なくブログ・動画(ネット上)で行うことができるかどうか。

そう思います。



情報発信者側として誰かに対して価値を提供していくことになるので、
当たり前のように


・相手を意識せざるを得ないし、
・自分の頭で考えざるを得ないし、
・価値ある情報を提供していきたい



と思うようになる。


自分を見つめざるを得ない状況になります
素直にならないと見えてこないし、
コンテンツ作成に苦労するんですよね。



特に「感情的価値」を付加していくときに、
素直さを身につけないと、
自分の本当の感情に気付けないです。



この点に僕は苦労したタイプです。
逆に言うと自分に素直になると、
自分の感情が確認できるようになって
文章や音声などの表現がしやすくなります。


今現在進行形でそのような感覚を感じています。


こうやって情報発信していくと自分の内面に気付くこと繋がるので、
人間的に成長する気がする。
そんな点もネットビジネスしていくメリットでもありますね。


またまただいぶ話逸れましたね 笑。



まとめ


今回はネットビジネスでコンテンツのアイデアを
生み出し続けるおすすめのやり方・方法について
話をしてきました。



今回話してきた内容を整理すると、


・情報発信者側に立っている意識を持つこと
・情報発信する内容を作り出す方法
・素材(ネタ)と素材(ネタ)を自分のフィルターを通して加工する方法
・コミュニケーションの重要性、価値を提供すること



主に以上の点に関して話をしました。


日常生活の出来事を学びに変えて、
日々の情報発信に役立ててもらえればと思います。


ではまた!


投稿者プロフィール

河上 アツヲ
河上 アツヲ
ネットビジネス実践中の40歳既婚、一児の父親。
日々知性と感性を磨いて成長していく。
成長の過程を情報発信を通じて見て頂ければと思います。
自分の生き様が他人に影響力を与える結果になるよう日々精進。
まとめると、自分も他の人もハッピーになれたら良いな!と
思ってます!
宜しくお願いします。
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です